3719 prunus jamとjune taylor

daily / 2013-9-5 木曜日

P8319547

 

2006年にここに移住したその年に植えたプルーンの樹に、ようやく実がなりました。

それも鈴なりに!

 

日本生産量の6割は長野で栽培されているというプルーン。

カリフォルニアの気候と長野の気候は似ている、ということの現れですね。

 

P8319550 P8319554

 

いつ収穫しようかな、と日々観察していましたが、もうそろそろよいかな?という時期を見計らって収穫。

その翌日には大雨(というか嵐)が降ったので、ホントにグッドタイミングでした。

プルーンは雨に弱いらしいのです。

 

P8319556

P8319563

 

 

全部収穫したら、バケツからあふれるほどに!これを全部ジャムにします。

 

DSC04409

 

これはほんの一部です。ホントにたくさんのジャムが完成しました。

プルーンのジャムは初めて作ったのですが、美味しいですね。

3719プルーンは完全無農薬(ほったらかし)なので、種だけ取って皮ごとジャムにしました。

 

こちらのジャムを、THE TRAILHEAD INN にご宿泊された方にプレゼントさせていただきます。

無くなり次第終了となりますので、みなさんぜひ泊まりにいらしてくださいねー。

 

DSC04449

 

ジャムといえば、わたしのジャム師匠 JUNE TAYLORさんとお話しすることができました!

去年サンフランシスコのバークレーにある彼女の工房まで出かけていったのですが

彼女は不在でお会いすることができず、アシスタントの方に見学だけさせていただいたのです。

 

小規模ながらも完璧なクオリティを求める彼女の考えと3719の考えがピッタリ一致して

なんだかうれしい。素材と真摯に向きあうこと、社会とのつながり、自分がやるべきことの使命。

でも25年間も働きつづけてきてちょっと疲れちゃったから、わたし休むわって。

そんなお茶目なジューンさん。勝手に気難しいイギリス人だと思ってたけど、素敵なマダムでした。