つづいて、薪割り体験教室スタートです。

田舎暮らしの必需品、薪作りを体験します。

信州の寒い冬にかかせないのが、薪。

こちらに越して来てから最初のうちは、ダンくんもせっせと薪割りをしていましたが

丸太を購入するコストや、薪割りの重労働、チェーンソウなど機械の手入れ、

そして怪我などのリスクを考えると、買った方がラク(高いけど)。という結論に達し、

今では、薪の配達やさんにデリバリーをお願いしていますが、

今回は、薪割りがどれだけ大変なものかを

みなさんに体験していただきたく(笑)、

斧で割る方法と、電動マシーンを使用する方法と、2種類をご用意いたしました。

チェーンソウは、あまりにも危険なので、今回はパス。

電動薪割りマシーンは、近所の友人、Qさんからお借りしました。

お誕生日なのにもかかわらず、お手伝いに来てくださったQさん&ゆうこさん、

ありがとうございました!

丸太は、現在、裏の森に家を建築中のHさん邸から伐採されたカラマツを

ご提供いただきました。ありがとうございます!

そして、その丸太のカラマツをチェーンソウで40センチの長さに玉切りして

すぐに薪割りができるようにと、先週からダンくんがずっと準備を進めていました。

電動薪割りマシーンは、ボタンを押して、レバーを引くだけでカンタンに薪が割れてしまう優れものです。

オトナは、ダンくんの指導のもと、薪割り体験。

すっかり薪割りに目覚めてしまったユイさん。

自宅に薪ストーブはないけれど、妹さん夫婦のお家の薪作りをやりたい!と

意気込んでいました。うちの薪割りもお願いします・・・。

「前から一度やってみたかったの〜!」とキョウコちゃんも!

納得いくまで張り切り過ぎて、翌日は腿の内側が筋肉痛でした!と、ノブさん。

「うち(安曇野在住)は薪ストーブ無くてよかった・・・」って(苦笑)。

割った薪を運ぶのも、コドモのお仕事。

そして崩れないように、きれいに積んでいきます。

そのうち、ネコに乗り出して・・・

「運んでくれ!」とせがみだします(笑)。

すっかりオモチャとなってしまいました。

そんな中、マジメに薪割りに熱中していたタクちゃん。

最後までがんばっていました。エライね〜

ヒロトは、枝を2本持って「お箸ごっこ」に夢中。

お箸を使うように上手に葉っぱをつかんで、遊んでいました。

こどもって、おもしろい。

約1時間半ほどで、これだけの薪が出来上がりました!

半年ほど乾燥させてから、使用することができるので

来年の夏の親子deキャンプのBBQ用にキープしておきましょう。

ちなみに家の薪ストーブなら4〜5日で使い切ってしまう分量です。

信州では、早ければお盆過ぎから、ゴールデンウィークまで薪ストーブを

使用するので、どれだけ薪が必要なのか、みなさんお分かりいただけましたでしょうか?

とにかくお疲れさまでした!