Bangkok → Butterworth #3

BANGKOK / 2014-3-8 土曜日

P2273071

ココナッツプランテーションを眺めながらまったりしていたら、

何やら騒がしくなってきました。

車掌さんがやってきて、荷物まとめて降りてください、と。

そう!タイとマレーシアの国境の街、Padang Besar(パダンベサール)に到着したようです。

P2273074

あわてて荷物をまとめ(また同じ列車に戻るんだけど)、外へ。

ゆるーいイミグレーションを通過。

P2273076

このまま乗れば、シンガポールまで行く事が出来ます。

最初の予定では、シンガポールまで行こうと思ってたけど

やっぱ止めておいてよかった(笑)。

私たちの目的地、バターワースまではあと少し!

P2273078

荷物を持って、また車内に戻ります。

ここからマレーシア。

そして列車もマレー鉄道になります。

P2273083

車内にマネーエクスチェンジにおじさんがいたので(ホントになんでもありですね)

タイバーツからマレーリンギットに換金。

手数料高いかな〜と思ってたけど、旅慣れたイギリス人夫婦に

「そんなの気にする額じゃない」と言われ、確かにそうだよね、と。

後で、日本人バックパッカー君たちが

「車内換金レートが意外とよかったから、もっと変えておけば良かった」という話を

小耳に挟み、ちょっとうれしい私。
P2273084

マレーシアに入り、景色もガラリと変わりました。

そしてマレー鉄道の社員は、陽気でうるさい。

隣の席に座り込み、ずっとおしゃべりしてました。

代わりにタイ鉄道の車掌さんは、休憩タイム。おとなしく就寝です。

食べ物の売り子さんも全く現れず、持ち込んだ非常食で朝ごはん。

この変化の違いを見れるのも、鉄道旅の魅力かもしれませんね。

P2273087 P2273090

ふと気付いたら、車掌さんの時計の時刻が私のと違う・・・。

「今何時?」と聞いたら、タイとは1時間の時差があるというではないですか。ですよねー。

ということで1時間時計を早めて、現地時刻に。

気付いてよかった。もうバターワースに到着です。

 

初めての鉄道旅。

現地の人の生活を垣間見ることができ、タイとマレーシアの文化の違いを肌で感じ、

全てが新鮮で貴重な経験になりました。

陸路での国境通過も、空港のイミグレーションにはない高揚感を味わえ、

とにかく思ったより快適で、すごく楽しかった!

 

今度はヨーロッパの田舎の鉄道旅を計画したいなぁ〜