千早農園の野菜をたっぷり使った、サイドメニュー。

ビーツのグリーンサラダと、最近よく作っているトマトのマリネ。

人気のパン屋さん「けろっく」のバケットでしらすチーズ乗せトースト。

そして、写真がなかった!スパイシーパンプキンスープ。

メインはがっつり肉食で。

プレミアムキャンプなだけに、プレミアムモルツでカンパイ!

プレミアムナイトのはじまりです〜

焚き火もいい感じ。

ダッチオーブン第2弾!

みんなよく食べました!

そして、今回のプレミアムキャンプにスペシャルサポートをしてくださった

サントリーさんから、白州のラインナップがずらり!

なんとも豪華なプレミアムキャンプ。

みなさんには食事とともに、白州の飲み比べを楽しんでいただきました。

夜のTHE BAR白州。

水は、サントリー南アルプス天然水や山崎プレミアムソーダ水。

そして、大清水の湧き水、3719の井戸水を使用。

最近発売されたばかりのトリスハニーは、ウィスキー初心者の私でも、

ついついおかわりしてしまうほどの美味しさ!

庭のハーブを入れて飲むと、また違った美味しさに!

プレミアムキャンプに参加してくださったみなさまには事前に、

「サントリー白州ウィスキーに合う、自慢の1品を紹介してください」とオーダーを

させていただきました。早速、ここでプレゼンテーション開始。

ムカイさんが持参してきたのは、スペインのロモというイベリコ豚のもも肉ハム。

仕事でイギリスに6年間住んでいたというムカイさんは、あちこちの美味しいものを

よく知っています。

こちらのロモに対するベストマッチ白州は、「THE白州」に決定!

ニシオカさんは、ウイスキーと水の比重差を利用した不思議な水割りを披露。

こちらの写真は、前日にテストした時のものですが、

まるで理科の実験のような不思議な2色割り。

飲んでも、揺らしても、交わりません。

なので、濃いめに飲みたい時は、上の方だけを飲み、

薄めで飲みたい時は、一気にガブッと飲みます。

これはなかなかユニークでオトナな飲み方です。

この飲み方に対するベストマッチ白州は、「白州18年」に決定!

つづいて、コイケさんが持参してくださったのは、

こちらもスペイン産の白カビのサラミ。

スペイン人気ですね。こちらのベストマッチ白州は、「THE白州」に決定!

まだまだつづきます。ユイさんの自慢の一品は、和牛ビーフジャーキー。

ジャーキーというと、どうしても固いイメージがあったのですが

これはやわらかくてジューシー!

登戸の肉の伊勢屋さんで大人気の商品とのことです。

こちらのベストマッチ白州は、「白州12年」に決定!

それから、オレンジピールとマンゴーのチョコレートも持参してくれたユイさん。

こちらのチョコにあう白州は、「白州18年」となりました。

最後は、フミハラさんの和牛ローストビーフ。

渋谷のヒカリエにあるお肉屋さんに呼び止められ、購入してきたというローストビーフ。

もうすでにお腹がいっぱいではちきれそうでしたが、このローストビーフは

とろける美味しさ!今度ヒカリエに行ったら、購入しようと思いました。

こちらのベストマッチ白州は、「白州18年」に決定!

みなさんのプレゼン?!も無事終了し、お腹もいっぱい。

今回の「お題」を通して共通したことは、全員が真っ先に「肉」を持参してきたこと!

最近流行りの草食系はひとりも存在せず、全員が「肉食系男子」だったこと。

やっぱりオトコは肉食系よね、と常日頃から思っているわたしにはうれしい事実でした。

その後は、焚き火を囲んで、それぞれがそれぞれの好きな白州を片手に、

語らうひとときを楽しんでいただきました。

プレミアムキャンプにふさわしい、プレミアムな夜でした。